【Unity】Unity Androidでアプリのパス取得処理のまとめ

AndroidにUnityから出力した時に
ファイルを保存するパスを取得する方法を調べたのでまとめます。

■Application.dataPath

アプリケーションのデータパスを取得する処理ですが、
Androidの場合は本体とSDカードの両方が存在します。

Unityが出力するAndroidマニフェストで本体優先、SDカード優先になっているかで値が変化します。

本体にアプリがインストールされている場合
path = /data/app/<アプリのID>.apk

SDカードにインストールされている場合
path = /mnt/asec/<アプリのID>/pkg.apk

■Application.persistentDataPath
アプリケーションのデータ保存パスを取得できます。
SDカードの場合
download path = /mnt/sdcard/Android/data/<アプリのID>/files/
本体の場合
donwload path = /data/data/<アプリのID>/files/

■Application.temporaryCachePath
アプリケーションのキャッシュ保存パスを取得できます。
SDカードの場合
download path = /mnt/sdcard/Android/data/<アプリのID>/cache/

本体の場合

donwload path = /data/data/<アプリのID>/cache/

iOS版はまた次回

続きを読む