【ワールドカップ】日本vsパラグアイ 総評

残念ながら日本PKで敗れました・・・

非常に残念です。

今日はたくさんの人と盛り上がりたかったので
近くのボーリング場のワールドカップ応援会場にいってきました。

22時ごろに会場入りしたのですが、
まだたくさんのお客さんがボーリングをプレイしていました。

お店側が特別クーポン券とあわせてこんなものをくれました。

w03.jpg

いろいろな国のものを選べたのですが、やはりここは日本をチョイス

そして23時、いよいよキックオフ。

 

会場はこのような感じでスクリーンに試合の模様が映し出されていました。

w01.jpg

w02.jpg


どこの画面を見ても一緒です。

前半20分、川島が体をはって危機的状況を見事に止めるシーンがありました。
DF陣もすぐにクリアするといったいつもの堅実な日本の守備陣。

試合の展開として気になったのが、
パラグアイのボールシェア率。

キーパーが蹴ったとき、守備から大きくパスが出たとき、競り合いになりこぼれ球になったときなど
8割日本は後手になっていました。

「相手よりも先にボールに触れる」ということがいかに大事なのかを
わからされた試合展開でした。

パラグアイのディフェンスは基本3人、
守備のときはMFまでがDFとして活躍し、前線にFWの2名を残し、早めのプレス!
ボールを持った相手には2~3人
日本の攻撃人数は少ないので、マークは1人~2人、
これでプレッシャーあたっている時間がすごい

本田などがボールを持つと
必ずといっていいほど2人がかりでつぶしにきてました。

そのため中盤は7割がパラグアイが制してました。

後半に入ってもなんどもパラグアイはシュートまでもって行きます。
川島は今日も好セーブを連発

序盤から日本は本田への縦パスが多く目立った。

そしてそれを長身をいかしたパラグアイが競り勝つ。

会場でもため息などがたくさん聞こえました。





今日は眠いのでまた明日に続く・・・




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック