【日記】2002年くらいのノートPC再利用


身内が所有していた東芝ノートPCを引き取りこの一週間仕事から帰宅していろいろいじっていましたが、
ついにリカバリをすることになりました。

ちなみにマシンはこちら

WindowsXP初期モデルでスペックは大雑把にいいますと以下のとおり

CPU:Celeron950MHz
メモリ:256MB
HDD:30GB
ドライブ:DVD-ROM CD-R/CD-RWマルチドライブ

WindowsXP無印のときならまぁ十分なスペックでした

この5,6年でOSから求められるスペックは格段にあがりましたね~
痛感いたします。

さっそくリカバリを・・・


さて、リカバリを行うには
メーカー付属のリカバリCDを使用します。

取り扱い説明書によるとドライブにCDをセットして電源ON
F12を押して起動メニューを表示させ、CDドライブを選択とありました

早速行ってみましたが、Windowsが起動してしまいました。

CDが認識していない?

Windows上でリカバリCDが認識するかどうか試してみたところ
5枚あるうちの5枚すべてが認識されず!!

しかもCD-Rに焼いたインストーラー系も全滅

なぜか唯一認識したのは外付けDVD-RAMドライブのドライバーインストールCD・・・

しかもIEEE接続なものだからBOOTに使えない・・・

仕方ないので勤務している会社の社長に相談したところ
会社で破棄して不要になったノートPCからドライブを外して使ってみていいとのこと!

たまたま会社で破棄されているノートPCはWindowsXP後半くらいのスペックのマシンでしたが
メーカーが東芝だったこともあり、すんなりドライブの入れ替え完了

早速CDの読み込みチェックをすると無事認識

40分少々でリカバリ完了し、WindowsXP無印状態で起動!

256MBの少ないメモリでも軽快に起動してるwwwww

当時はこんなに軽かったのかと思いました

セキュリティの面で問題になるので
まずはSP2にあげました

するとどうでしょう

あれだけ軽快に起動していたWindowsXPが起動だけで4分以上もかかるようになってしまいました。

恐るべしSP2・・・

SP2にあげてWindowsUpdateによると76個も更新があるとのことで

現在ちまちまDL&インストール中です。

このノートPCで私の所有マシンは
白と黒のデスクトップPC
DELLと今回のDynaBookのノートPC
計4台となりました


自宅サーバー機をノートに移そうかなぁと計画しております。

詳細はまた後ほど

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック