2011年01月04日

【プログラム】XNAでゲームを作る【シーン管理4】

前回から2ヶ月がたってしまいました。
会社が倒産し、しばらく失業中なので正月を満喫させていただきました。

おかげでXNAを触る暇もできましたので解説を再開します。

前回のエントリーにて明記漏れがあったので補足します。

SceneManagerのUpdate関数内にて、

  // 画面がアクティブの場合
  if(currentScene.SceneState == SceneState.TransitionOn
   || currentScene.SceneState == SceneState.Active)
  {
   // フォーカスがある場合、キー入力を受け付ける

   // 次以降の画面では入力受付はしない
   isOtherHasForcus = true;
  }

ここに抜けがありました。

// フォーカスがある場合、キー入力を受け付ける
currentScene.HandleInput(m_KeyInput);
を明記してください。

あとSceneBaseにて
  public virtual void HandleInput(InputState inputState) { }
と明記いておりましたが、上記の場合、キーボード入力のみの受付になっているため、
  public virtual void HandleInput(KeyboardPropaerty  inputKeyboard) { }

に変更してください。
ジョイパッドと含めて拡張したクラスとして私個人がInputStateクラスを作っていました。
しかし、このブログ上では紹介しておりませんので上記のように修正します。



【送料無料】XNAゲーム...

【送料無料】XNAゲーム...

価格:3,654円(税込、送料別)


ラベル:XNA C# シーン管理
posted by ヒイロ at 21:20| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック