2011年01月25日

【XNA】XNA4.0と3Dモデルのモーションについて

XNA3.1のインディーズゲーム提出期限が2月8日とアナウンスがされています。

今後、ゲームを提出する際はXNA4.0以降のバージョンにて開発を行う必要があるということで
少しばかりXNA4.0を触ってみました。

XNA3.1からよく使っていた関数の引数が変更になっていたり
ストレージ選択画面のガイドの呼び出しができなくなっていたりといろいろ調べないといけないことが発生

2,3時間かるく触っただけで
ここまで判明してしまったので、しばらくXNA4.0での開発はできないなっと・・・
調査と日本語訳の解説待ちになりそうです。

去年3Dモデルのモーションについて調べていたので、
そちらも調査してみました。
【送料無料】Microsoft XNA 3D-CGプログラミング

【送料無料】Microsoft XNA 3D-CGプログラミング
価格:2,415円(税込、送料別)


自分が去年使用していたのはXclnaライブラリです

リンク先のダウンロードページからDLできるDLLのバージョンがどうもXNA1.0時代のプロジェクトのようで
当時最新のXNA3.1では使用することができませんでした。
いくつか解説サイトもあったのでまわっているところ、
ドワーフサンプルにてXNA3.0対応版をリリースしているフォーラムがあったのでそちらから入手

モーションの分割方法などモーションデータの扱い方については
こちらを参考にしました。

Tips→XNA Animation Component Library と進めば解説が載っています。

注意点があり
このライブラリ、グラフィックボードの相性によってはWin32環境によるDebug実行時ではモデルが表示されないという現象が発生します。

いくつかのブログでも調査した結果を掲載しているところがありました。
私の自分のPC(Radeon HD5770)と専門学校のPC(Geforce8800)にて発生
XBox360上では問題なく表示できるので
Win32上だけ注意です。

あと、DrawableCommponentとされているため、
描画、更新のタイミングに注意が必要です。
私はEnable=false; Visible=false;として更新、描画は自分で明記してい行うようにしました。
↑のプロパティはAnimationControllerの部分となります。
Enableが更新タイミングを自動で行うか、Visibleが描画を自動で行うかっとなっています。
実は結構これはまりました

そんなライブラリですが、
XNA4.0対応版はまだ完全にリリースされてはいません。

テストバージョンがこちらのフォーラムにアップされていましたが
私の環境ではうまく動かせず・・・
モデルはDebug環境でも表示されたのですが、
Tのポーズをして動いてくれなかったです。
サンプルのドワーフは正しく動いているので
なにか失敗しているのでしょう・・・
これからに期待ですね。(調査がんばってみます。情報提供大歓迎)

別のライブラリについては次のエントリーにて
ラベル:C# XNA
posted by ヒイロ at 15:03| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。