2013年02月20日

【iPhone SDK】iOSで使えるMap SDK 画面比較あり

iOS6の標準地図では情報が少ないため
それだけでアプリの評価を下げる行為をするレビュー者がいらっしゃいます。

しかし、開発者側からするとiOS5で標準だったGoogleMapを使いたくても、
使えないのでどうしようもありません。

一定の条件が発生しますが、iOS標準以外のMap SDKを使ってiPhoneアプリに地図を表示してみました。

比較のため、まずはiOS6標準の地図で東京駅を表示したところ
iOSシミュレータのスクリーンショット 2013.02.19 16.50.35.png

殺風景ですね。
衛星写真にすると見劣りはしませんが…

では、次にYahoo地図SDKを使った場合の東京駅
iOSシミュレータのスクリーンショット 2013.02.19 16.50.37.png

元々日本語で作成されているので、非常に綺麗ですね。
情報もしっかり掲載されていますし、電車の駅や線路もしっかり表示されます。

使用条件はこのページを確認してください。

→「Yahoo! iOSマップSDK」、「Yahoo! AndroidマップSDK」を利用したアプリを有償で販売、またはアプリ内で課金してはなりません。

無料アプリでかつ、アプリ内課金もしないアプリ限定利用に限られています。

→自動的な連続測位機能(移動経路情報の連続的な測位)による経路案内および経路誘導。

ナビゲーションレベルなものはNG

大きなところでそんな感じです。

地図を表示してここにコンビニがあるっといったアプリであれば十分使用できそうですね。


最後にCloudeMade地図です。
iOSシミュレータのスクリーンショット 2013.02.19 16.51.03.png

海外でオープンソースで開発されているSDKっぽいです。
スキンを簡単に変更ができ、ユーザーによるカスタマイズが可能のようです。

CloudeMadeに登録されているスキン以外で
BingなどのAPIから地図を表示してくれる機能があるようです。

CloudeMadeSDKを使ってBingを表示
iOSシミュレータのスクリーンショット 2013.02.19 17.54.38.png

ClodeMade版の地図の画像がなんか荒いなぁっと思っていたら
HiRes版がありました。
iOSシミュレータのスクリーンショット 2013.02.19 17.55.38.png

シミュレータで確認をしていましたが、
HiRes版は読込に時間がかかります。

あとGoogleMapSDKもあるので試してみたかったのですが、
今のところアクセスキーの発行は即時ではないようなので、確認することができませんでした。

無料アプリでリリースを考えているアプリにちょっと変わった地図の表示はいかがでしょうかね?
ラベル:Xcode map
posted by ヒイロ at 14:58| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。