2013年08月23日

【日記】SIMフリーiPad miniでOCNモバイルエントリープランd980のLTEを掴むまで…

昨日、OCNモバイルエントリープランのナノSIMが届きました
寝る前に開通手続きを行い、9月から月額起算月となりました。

っで、APNの設定をずっとやってて気になった点をまとめました。


MVNO回線に接続できるまで

開通手続き完了時、認証IDと認証PASSが表示されます。
これこの画面でスクリーンショットとっておかないと
後日郵送される会員情報通知が届くまで確認することができないようですね

手元にあるiPad miniはもともとVerizon利用していたiPadだったようで
オークションで購入したときにそのSIMが同梱されていました。
なのでアクティベーション済みなものだったのですが
OCNのSIMをさしたところでアクティベーションを求められなかったですね

そのままNTT DOCOMOとキャリア名が表示されました。

OCNの公式サイトによると
iPad miniは3Gで動作確認済みということで
LTEのAPNではなく、3GのAPN設定が公開されていました。

こちら

実際に試した所、繋がりました。

ですが、LTEをONにするにすると繋がらなくなり、
テザリング設定のインターネット共有の項目がアクティブになりません。

せっかくLTEを期待して購入しているので
なんとかLTEを掴まないか、そしてテザリングできないか模索しました。

LTEを掴むまで

「ipad mini xi」とかで検索すると
MVNOではなくで純正docomoSIMでLTEを掴んだ報告などはありますが、
MVNOではできないという内容が目立ちました。

実際にLTE用のAPNを「モバイルデータ通信」の欄に入力して
LTEをONにしても「3G」と表示されるだけでLTEになりません
(GalaxyS3にてXIがはいることは確認できる場所です)

以前iOS6.0.1のときに
iPhone5でXiを掴む方法として注目をあつめたiOSインストーラーのipswファイルを手動指定して復元をし
アクティベーションを行うというのがありました。

しかし、その方法でもiPhone5は6.1からできなくなったとあります。
ですが、こんな記事を見つけました。

流れは
iPad mini用のipswファイルを用意し、

復元→各LTE準備設定→強制バージョンアップ→LTEの設定

ということでした。

この記事にそって設定を行ってみました。

iTunesにiPad miniを接続し、「概要」タブから「iPadを復元」を
Macの場合Optionキーを押しながら選択します。

ファイル選択画面がでますので、用意したipswファイルを指定し、
完全復元を行います。

復元完了後、アクティベーションが実行されるので通常どおりアクティベーションを行う

APNは空白のまま記事にあるように
「モバイルデータ通信 ON」
「LTEをオンにする ON」
「データローミング ON」に設定をする

またiTunesで「概要」を開きます。
今後は「アップデートを確認」ボタンをOptionキー押下しながら選択します。

ファイル選択画面が表示されるのでまたipswファイルを選択し、
強制バージョンアップを行います。

バージョンアップ完了後、
APNの設定画面を開き、
「モバイルデータ通信」と「LTE設定(オプション)」にLTE接続の設定情報を入力しました。

私の環境ではLTE設定項目に入力をしておかないと
ネットワークにつながらないといわれ、LTEと表示もされませんでした。

そして速度測定をしてみた結果がこれです
IMG_0001 1.PNG


屋内ということもあるのか
そんなにスピードはでていません。
ですが、LTEとしっかり表示されていますね

インターネット共有項目を表示するために

さて、LTEにも繋がりました。
あとはテザリングですね

APNを設定し終えた段階で以下のようになっています。

IMG_0002.PNG

インターネット共有設定を選択すると
キャリアに確認してくれという画面がでてきて設定画面が開けません。

事例としてIIJmioのSIMでの記事がありました。

「iPhone 構成ユーティリティ」にて
APN設定を行ったプロファイルをインストールすることでテザリングができるようになると…

SIMフリーのiOS端末にAPNを手動で設定していると
バージョンアップや何かのタイミングでAPN情報が消えてしまう時があります。
そのため日本通信SIMのときからこの構成ユーティリティは使用していたのでさくっと作ってみました。

スクリーンショット 2013-08-23 13.03.32.jpg

ipadに転送してAPN情報を確認します。
LTE設定欄が空白になっている場合は、念のため入力しておきましょう

で設定画面に戻ってみると

IMG_0003.PNG

インターネット共有の欄に「オフ」とでてますね
これで無事にテザリング設定画面が表示できるようになりました。

今のところLTEを体感はできていないので
速度調査をした結果を後日アップしたいと思います。


以上、半日かけて調べてOCNモバイルエントリープランでLTEを掴む、テザリングを行う設定をまとめました。

iPad miniは以下のスペックです。

iOSバージョン:6.1.3
モデル:MD541LL/A (米国Verizon版 A1455 32GBモデル)



このショップからSIMを購入しましたが、
端末セット販売もしているようですね




ラベル:MVNO SIMフリー
posted by ヒイロ at 13:15| 福岡 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
iOS7.1にしたらipadmini2がinternetに繋がらなくなって困ってました。appleにtelしても再起動とか初期化のはなし。

私の場合はiphone構成ユーティリティをインストールするだけですべてうまくいきました。インターネット接続も共有も。

もちろん設定のモバイルデータ通信、LTE回線を使用、データローミングはオンです。

LTEのおかげで会社の中でも繋がるようになりました。ただSIMの表示がDOCOMO 3Gになります。これは3Gの設定のところにiteの設定が入ってしまっているからだ思います。

いまのところモバイルデータ通信とLTE設定に同じ設定がはいっています。でもこれで十分です。
Posted by 牛坂 博則 at 2014年03月18日 14:13
LTEも表示されます。
Posted by 牛坂博則 at 2014年03月18日 21:20
>牛坂博則さん
こんにちは、コメント&報告ありがとうございます。
手入力でAPN設定をしていたiPhone4Sが、iOSのバージョンアップ後に突然消える、または不意に消えるという現象をiOS6の時に何回か経験がありますが、そのような現象でしょうかね?

構成ユーティリティから設定ファイルを登録しておけば、上記現象は起きなくなりました

現在では無事に開通しているようですね。
ふむふむ、LTEという表記ではなく3Gという表記なんですね
LTEで接続しにいってもLTEをつかめない時に3Gとでますので、おそらくそのような状態なのかなっと思われます。
きっとLTE電波をしっかりつかめるところに移動されるとLTEとでるのかなっと

SIMフリーのこのような動作報告って貴重なのでありがたいです。
Posted by ヒイロ at 2014年03月27日 11:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック