【格安SIM】各MVNO会社のSIMとdocomoSIMの速度比較記事

ITMediaの記事に
とても気になる内容があったので紹介

ITMedia「1000円を切る格安SIMで快適に“高速通信”できるのか 実測してみた」

ざっくり高速通信時の比較をまとめると

下り速度は
純正docomo契約と極端に変わらない
言い換えれば純正である必要はない・・・かもですね

上り速度は
純正よりMVNOの方が速かった

そしてOCNは2回で制限容量を超過したということですね


低速時の速度調査も興味深く
200kbpsと表記されていても
実際にはそれ以上の速度はでているようだというところですね

もしもし機能を必要としない端末をインターネット機器にしたい場合には
やはりMVNOはいい選択肢ではないかと思います。


料金や上限容量、制限解除のタイミングは各社それぞれ種類がありますので
ひとつの評価になるなと思いました。





【格安SIM】楽天ブロードバンドに申し込みました

楽天が提供する格安LTE MVNOサービスに申し込みを行いました。

iPad miniがOCNで30MB/日で980円運用となっていますが、

日本通信のSIMが980円で150kbps通信でiPhone4Sに使っています。

ですが正直150kbpsの速度では音声通話アプリや
SNSの画像を参照するさいに利用できないレベルです・・・


Twitterとかテキスト系はいいのですが…


そこで楽天の945円のプランを申し込みました

500MB/月でLTEとなります。
OCNに比べると月換算では400MB少ないことになりますが
NanoSIM提供で月で計算される形式ということ

OCNが日中正直メガ以上の速度がでないので
他のSIMにしてみようということ

そしてキャンペーン中で初回手続きの4200円が無料になっていることをうけ
契約することにしました。

SIMが届きましたらレビューしたいと思います。

キャンペーンサイトはこちら