【日記】iPhone5s iPhone5cのMVNO SIM認識情報まとめ

iPhone5s、iPhone5cが発売となり一日が終了しました。

いろいろ情報がでてきたので
MVNO(日本通信やOCNなど)のSIMで格安iPhone運用をしたいと考えている人むけにまとめます

・docomo版iPhoneであれば、日本通信やIIJmio、OCNのSIMは認識をすることができる

週刊アスキー記事

ナノSIMを用意して、docomo版iPhoneにそのまま挿すだけで認識してくれます。
ただし、docomo版iPhoneもSIMロック対象となっているため、
docomoが正式に発行したSIMにAPNの情報が記録されているようで、
モバイルデータ通信設定にてAPNの設定画面が開けないようです。

構成プロファイルを作成してiPhoneに登録することで
アクセスすることが可能になるようです。

日本通信の音声通話対応SIMを使うとアンテナ表示に対応しているようです。

データ通信専用SIMは従来どおりアンテナ表示は非対応となります。

デバッグモードから数値に切り替えておけばある程度指標とすることができますので大丈夫でしょう


・MVNOのSIMではLTE(Xi)に接続できない

IIJmioスタッフのブログにて調査結果が掲載されました。

APN設定を構成プロファイルにて設定することで通信可能
しかし、LTEの接続はできなかったというスタッフ直々の調査結果を報告してくれております。

SIMフリーの端末にて調査も今後行っていくかもしれませんので
チェックしておきましょう


・SIMフリーiPhoneを購入するときの注意点(予想)

世界で発売するiPhoneにはそれぞれ型番が5種類存在します。

具体的にはGSM版、CDMA版もありますが、大きくはLTEバンドの対応の違いがあります。

日本の各キャリアが展開するLTEバンドは以下のとおり

docomo:1,3,19, 21
au:1, 11, 18
SoftBank:1, 3, 8, 19

参考URL→Wiki

iPhone5s A1533(GSM
iPhone5c A1532(GSM

UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)、LTE(バンド1、2、3、4、5、8、13、17、19、20、25)

iPhone5s A1533(CDMA
iPhone5c A1532(CDMA

CDMA EV-DO Rev. AおよびRev. B(800、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)、UMTS/HSPA+/DC-HSDPA (850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE (850、900、1,800、1,900MHz)、LTE(バンド1、2、3、4、5、8、13、17、19、20、25)

iPhone5s A1453(日本発売モデル)
iPhone5c A1456(日本発売モデル)

CDMA EV-DO Rev. AおよびRev. B(800、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)、UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)、LTE(バンド1、2、3、4、5、8、13、17、1819、20、25、26)

iPhone5s A1457
iPhone5c A1507

UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)、LTE(バンド1、2、3、5、7、8、20)

iPhone5s A1530
iPhone5c A1540

UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)、FDD-LTE(バンド1、2、3、5、7、8、20)、TD-LTE(バンド38、39、40)


日本のLTEに対応しているバンドを太字にしてみました。

2.1GHz、1.8GHz、900MHzのLTEは基本的にすべての型番でカバーしているようですね
SoftBankの回線を使う場合は問題なさそうな印象です。

3Gに関しては全機種ともにHSPA+に対応しているためSoftBank、docomo利用においては使えると判断できそうですね
auに限ってはCDMAに対応しているのは限定されるので注意ですかねー(需要はないとは思いますが・・・)

現状MVNOのSIMではLTEが接続できないということらしいので
将来的に接続できると希望して購入される場合、
日本発売と同じモデルの
A1453、A1456の取り扱うアメリカのSprint社からでているiPhoneを狙うか

A1533、A1532を取り扱うアメリカVerizonやカナダ版のiPhoneを狙うかでしょう

docomo回線のLTEバンド対応しているのは上記となります。
EXPANSYSなど通販にてSIMフリーiPhoneを販売しているところは香港版が多いと思いますが
香港版はA1457、A1507らしいのでdocomoの800MHz帯のLTEがつかめません

韓国、中国などはA1530、A1540となるため
次世代のLTE規格に対応したiPhoneになりますが、
現状日本では意味ありません。
また、docomoのLTEは香港と同じで800MHzに対応していません。

2.1GHzのLTEバンド1にはすべて対応しているので
都心部などは問題なくLTEになると思いますが
地方や屋内利用においてLTEが入らないという現象が発生すると思いますねー

iPad miniはOCN側は3Gのみの対応と公開しておりますが、
LTEをつかむことはできます。
実際速度がでることもあります。


しかしiPhoneに関してはiPhone5、5s、5cともにLTEをつかむことができないようです。

今後の情報に注目して購入を考えましょうー



"【日記】iPhone5s iPhone5cのMVNO SIM認識情報まとめ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。